ヤマーン!小ネタ

ロープを用いずに高所でぶら下がったりするMustangさんマジやばいです

クライミングやってると、なんかあちこち登りたくなりますよね。街を歩いていたら「あ、この壁登れるかな」とか思っちゃったりもしますよね。登りませんけど、なんかこう、やばいところに登ってみたい。ビルとか、石垣とか、電柱とか。
公園の遊具をみていると、正規ルートを用いずにトップアウトしたくなりますよね?なりませんか??

クライミングがある種スリルを味わうスポーツであると定義するならば、今回紹介するウクライナの少年はまさにそれを極めんとするような人です。

主にロシア界隈で有名になって、tubmlrでは動画が出回っているのですが、Mustangさんはあちこちのタワーやビルなどの構造物に登っては、ロープをつけずにぶら下がったり懸垂したりするのが好きなようです。彼はこれをSkywalkingと呼び、主にロシアで写真や動画を撮っては公開していっているようです。
手に汗握ると言うよりはもうなんかこう、股間がヒュンとなります。おしりがキュッとなります。

クレイジーとかそう言うのを通り越して、なんか芸術的ですらあります。

サイトではパートナー(スポンサー)を募集しています。どうですか、クレイジーな少年にここはひとつ。

[Shingo OKAMOTO]
YAMAAN!では山道具、山デバイス、山にまつわらないけど山っぽい道具や山で使うと便利だよねみたいな商品、サービスの情報を常に探しております。これは!というものがありましたら、是非 info[at]yamaan.jp ([at]を@に直してお送り下さい)までお知らせ下さい。 メーカー様や旅行者様のニュースリリースも同じアドレスで受け付けております。
コメント