ヤマーン!特集

新春ロックトリップ in 大阪

明けましておめでとうございます。

忘れたころにクライミングルポを投下しているヤマガミです。今年はよりいっそうクライミングに励むため(記事も書かないとね!)、正月気分まっただなかの1月3日より始動開始。寒空の下、大阪府は槇尾山にある仏岩で初登りに行ってきました。

槇尾山ってどんなところ?

大阪府和泉市に鎮座する槇尾山は標高600m。その昔、弘法大師空海が修行したと伝えられ、山腹にある施福寺は遠方からも参拝者がくる古刹として有名。初詣とクライミングができる一粒で二度おいしい、ありがたいエリアなのです。

クライミングエリアは駐車場から15分の仏岩にあり、上仏岩、下仏岩、奥仏岩、小仏岩の4つ岩峰群からなるチャート(堆積岩)の岩場です。「フリークライミング日本100岩場4 東海・関西増補改訂版」にも紹介されていますが、掲載内容以外にも新ルートが設定されており、ルート数は20本程度。部分的に脆い岩質も存在しているため、ルートによっては注意が必要です。(実際に今回もゴルフボールサイズのホールドがはがれました)

また、施福寺の上部には蔵岩と呼ばれる眺めの良い岩場が存在します。スラブ〜垂壁ほどの傾斜でボルトが打たれていますが、あまり活発にルートは設定されていない様子でした。

上仏岩で初登り

というわけで今回は上仏岩で初登り。アプローチからクライムダウンすると取り付きに到着します。ロープ無しでも大丈夫ですが、せっかくなので懸垂下降の練習をしましょう。

取り付き付近にはトポが掲載されています。日本百岩場に掲載されていない課題もここで見る事が出来ます。

とりあえず最も簡単そうな「パイン 5.9」にトライ。あまりにも岩が冷たいのでグローブ&アプローチシューズで取り付きます。上部に出るとかなりの風。鼻水が垂れて飛んで行きます...

今回初クライミングのK井君と二回目のS村君。トップロープで登るものの一様に「寒い!こわい!!登れない・・・・!!」な感じでした。指先が凍えるのは仕方ないとして、足先まで凍えて足裏間隔がまったく無い様子。デビューには少しハードな天候でした。

上部の風が強いので完登は諦め、「仏の顔も三度まで 5.11b」のスタート直後の薄かぶりでムーヴを探って遊ぶ。リップまで3手ほどのボルダームーブで結構面白い課題です。2手目のピンチホールドの下部が剥がれそうなので、トライするときは気をつけた方が良さげです。

その後、下仏岩のルートも触る予定でしたが、風がますます強まってきたので無理をせず撤収。半端無く寒かったですが、年始の大阪湾から六甲山が奇麗に望めました。

[Yamagami KENICHI]
YAMAAN!では山道具、山デバイス、山にまつわらないけど山っぽい道具や山で使うと便利だよねみたいな商品、サービスの情報を常に探しております。これは!というものがありましたら、是非 info[at]yamaan.jp ([at]を@に直してお送り下さい)までお知らせ下さい。 メーカー様や旅行者様のニュースリリースも同じアドレスで受け付けております。
コメント